荒川尚也展 2011
 



一瞬の水の姿を現した「渓流のグラス」という作品があります。
豊な自然の残る京丹波町の山里に暮らす、ガラスを吹く日々に思いをはせます。もの作りは原初的でなければならないし、感動がそこにあること。
荒川さんのガラスは、人が
どこまで自然になれるか問いかけているように見える。
香炉、器、花器他。